Q&A

『寺島式筋膜はがし』とはどのようなものですか?
すねつぼ屋の創始者・寺島悦雄が考案した血行改善のための画期的な手法の総称であり、後述の3つの要素で構成されています。 骨膜と筋膜の癒着を剥がしていくため、当初は多少の痛みを伴いますが、その場で違いを実感でき、ご自身で続けたくなる方法です。 実は、すでに15年以上の実績があり、長野県内だけではなく日本全国にファンが多数いらっしゃいます!
すねつぼマッサージ:脛骨と長指屈筋との境目の骨膜と筋膜の癒着をはがします。
肩甲骨はがし:肩甲骨と大菱形筋との境目の骨膜と筋膜の癒着をはがします。
鎖骨はがし:鎖骨と鎖骨下筋・大胸筋の筋膜との境目の骨膜と筋膜の癒着をはがします。
※ こちらをクリックすると、すねつぼ屋のチラシを表示します。ぜひご覧ください!